開発不要のWebデータベース(ASP・SaaS)を活用した業務システム構築

  • HOME
  • 会社概要
  • お問い合わせ
クラウド型WEBデータベース

クラウドWebDBでシステム導入スタイルが変わる

クラウド業務システムTOPコラムバックナンバー >クラウドWebDBでシステム導入スタイルが変わる
【クラウドWebデータベース(業務改善クラウド)でシステム導入スタイルが変わる】

業務改善コンサルタントの光本です。今日は、ITシステムを導入する手法に関する
話です。
こう言うと、ITベンダー寄りの話のように感じられるかもしれませんが、実は、
ITシステムを導入しようとしておられる企業ユーザーの皆様にも大いに関係のある
興味深い話しだと思います。

従来、オーダーメイドでITシステムを構築しようとする場合(スクラッチ開発)には、
まずは徹底的に要件を洗い出し、整理し、要件定義をしっかり行うことが、品質の
高い、あるいは、手戻りが少なく効率の良い開発(イコール費用が増大しない)行う
ための最重要ポイントでした。

これは、ユーザーにとっては、目に見えない将来出来上がるであろうITシステムを
漠然と想像しながらの作業であること、要件を整理し定義する側のベンダーにとって
は、顧客ビジネスや現行の業務を理解するのに時間がかかる、あるいは、ヒアリング
スキルの不足などが障害となり、「分かってはいるが、なかなか出来ない」こと
でした。

そういったこともあり、リスクを避けるために、出来るだけパッケージソフトなど
機能が予め用意されている手軽な既製システムに自社業務を何とか合せながら、
多少我慢してででも使う、という選択をされる企業も多かったかと思います。

これがクラウドコンピューティング、特に、ユーザーでも構築方法が
理解できるような「プログラム開発者向けではないPaaS(Platform as a Service)」
で変わると思っています。

例えば、クラウドWebデータベース「働くDB」では、ユーザー自身が管理システム
から簡単な設定をしていくことで、販売管理システム、顧客管理システム、在庫管理
システム、工程管理システムなど様々な業務領域における業務システムを構築できる
ような仕組みになっています。
データベースの項目を追加するのも簡単ですし、テーブルを新規に加えること、
自動処理を後から追加することもできます。
ということは、最初からすべての要件を洗い出して定義出来なくても、段階的に
機能アップしていけば良いのです。

クラウドサービスですので、段階的に処理機能やデータ量が増えたからといって、
ハードウエアの性能や容量を気にする必要もありません。自社のペースで優先順位を
つけながら機能拡張していけます。
失敗のリスクが低く、スパイラル構築(少し開発してはレビューを繰り返しながら
要件固めと開発を同時に進めていく手法)をユーザー自身が行っていくことも可能と
いう点で、今後、非常に有効なシステム導入スタイルだと思っています。

ただし、初期構築は、その後の機能拡張の基盤となるものですので、あまり検討せず、
いいかげんな設計で構築して良いということではありませんので、その点は誤解の
ないようにお願いします。

△ページTOPへ

今すぐお問い合わせ PAGETOP