開発不要のWebデータベース(ASP・SaaS)を活用した業務システム構築

  • HOME
  • 会社概要
  • お問い合わせ
クラウド型WEBデータベース

クラウドWebデータベースが持つ本質的なメリット

クラウド業務システムTOPコラムバックナンバー >クラウドWebデータベースが持つ本質的なメリット
【クラウドWebデータベース(業務改善クラウド)が持つ本質的なメリット】

業務改善コンサルタントの光本です。日本の中小企業が経営の効率化のために
クラウドを取り入れる例は、依然として、まだそれほど多くないように思います。
その理由としては、クラウドが経営にもたらすメリット、価値が十分理解されて
いないことが挙げられます。

これまで多くの中小企業の経営者は、ITを導入しては「大きな無駄遣いをして
しまった」と後悔した、つまり、費用対効果に不満を持つ経営者が多かったの
ではないかと思っています。

これまでITシステムを導入するには、まずハードを購入してOS、ミドルウェア、
データベースライセンスにその初期設定費用など業務システム(アプリケーション)
の構築費用以外に多くの費用がかかり、結果、予算の制約上、肝心の業務システム
の機能や使いやすさに十分お金をかけられなかったといったことも往々にして
起こっていました。

構築後もハードウエア保守費用、ライセンス保守費用、バージョンアップ費用など
ランニングコスト負担が大きく機能拡張もままならない。
これでは、予算を多く確保できない中小企業が、費用対効果に不満を持つ、ITの
価値が理解出来ないというのも当然のことだったのかもしれません。

そういった意味で、クラウドもITシステムの一つで、従来のように結局は費用対
効果の悪い「金食い虫だ」と思われているうちは普及しないんでしょうね。

業務改善に役立つITをコーディネートすることを仕事にしている私にとっては、
この従来のITへのイメージを払拭し、十分メリットを感じてもらえる、費用対効果
の高いIT導入が可能な環境が整ってきたんだ、ということを伝えていかなければ
ならないと思っています。

クラウドの持つユーザにとっての本質的メリットは、低コストということだけでは
関する設計も必要ありませんので、シンプルな業務であれば1、2ヶ月で自社の業務
に合わせたシステムを構築できるようになってきました。

第二に「保守の柔軟性」が挙げられると思います。クラウドの中には、プログラム
開発せずに手軽にカスタマイズできるものが多く出てきています。
弊社で提供している クラウドWebデータベース(業務改善クラウド)を使った
業務システム構築サービスもその一つですが、導入後に使ってみて、修正
したい、機能を追加したいと思えば、その場でユーザー自身が簡単に設定で変更、
追加出来ます。

中小企業が勝ち残っていくためには「環境変化への俊敏な対応」が最も重要で、
ITベンダーに頼りきらなくても、ビジネス環境の変化に合せて低コストでスピー
ディーにシステムを導入し、導入後もユーザー自身が迅速に変更、機能拡張して
いけるクラウドは非常に有効な手段です。

支える企業数の大部分を占める中小企業にクラウドを普及させ、日本の経済を他の
先進国に比較して低いとされるホワイトカラーの生産性を向上させることができ
れば、その分を付加価値の高い、あるいは、付加価値を生み出す業務に振り向ける
ことができ、ひいてはそれが日本経済全体の活性化にもつながるのではないかと
思うのです。

常時、無料相談をお受けしております。

△ページTOPへ

今すぐお問い合わせ PAGETOP