開発不要のWebデータベース(ASP・SaaS)を活用した業務システム構築

  • HOME
  • 会社概要
  • お問い合わせ
クラウド型WEBデータベース

感情認識ロボットpepper(ペッパー)のイベントに参加

クラウド業務システムTOPコラムバックナンバー >感情認識ロボットpepperのイベントに参加
【感情認識ロボットpepper(ペッパー)のイベントに参加しました】

業務改善コンサルタントの光本です。
先日、9月20日土曜日にベルサール渋谷ガーデンで開催された

「pepper tech festival 2014」
  

へ行ってきました。

pepper(ペッパー)は、人に寄り添うロボットというコンセプトで開発され、
ソフトバンク社が、来年2015年2月に発売する予定のロボットです。

このイベントは、ロボットクリエーターやディベロッパー向けに
「世界初の感情認識ロボット?である pepper(ペッパー)」を、来年2月の一般販売に
先駆けて、その可能性を知ってもらおう!一緒にワクワクしながら考えよう!という
感じのイベントです。

参加自体が抽選になるということで、実は、かなり前にイベント参加の応募をして
いたんですが、結果、落選というメールが届いて落胆していたところ、何と
開催2日前に、補欠当選?の連絡が来たのでした。

イベント会場に到着すると、すぐには会場に入れてもらえず、しぶしぶ、補欠当選者
だけが集められた待ち行列へ。
(補欠当選だから仕方ない、、、)
でもイベント開始前に無事、会場へ誘導され、少し後ろの方でしたが、立ち見ではなく、
ちゃんと椅子に座って参加できました。

さて、肝心のロボットpepperくんですが、今後の大きな可能性を感じさせてくれました。

<< 派手なデコレーションをされたpepper >>
  

最もすばらしいのは、基盤の機能として備えている安全制御でしょうか。
倒れそうになった時に自動的に制御したり、外からの指示よりも安全を最優先して
挙動する部分、少し肩を押したりしてみましたが、なかなかの動きでした。
(それでも大人の力で強く押してしまうと倒れてしまいます。さすがに倒すことは
させてもらえませんでしたが、倒れると可哀そうに自分では起き上がれませんので、、、
中身は精密でしょうから壊れてしまうかも。)

コンセプトの「人に寄り添うロボット」、そして、宣伝文句の「世界初の感情認識
ロボット」という部分は、まだまだ、これからかなという印象です。

<< 演奏するpepper >>
  

常時ネットにつながっているので、ネット上にある多くの情報を処理して、
その結果に応じて話したり、動いたりということはできるのでしょうが、人間の指示に
従って積み木を動かす実験では、指示してから5分以上考え込んでいて、動き出すまで
待ちきれませんでした。
(結果指示が来るまで考えるふりをする行動設定をしているだけだと思います。)

また、試しに声をかけた人がおられましたが、発した言葉になかなか反応せず、
何度も言い直すといった場面も見られましたし、(声の出し方や言葉の発し方によって
感知しずらい、感知しやすいがあるようですね)
やはり「感情認識」という言葉が、期待感をあおりすぎて、シナリオ通りの受け答えと
動きに、少しがっかりという面も。

当面は、やはりクリエーターやディベロッパーによって作成されるであろうアプリが
非常に重要というのは、スマホとアプリの関係と全く同じですね。
そういった意味でも今回のイベントが持たれたのでしょう。

そのアプリ開発の面では、とても工夫、考慮がされていて、プログラムの分かる人は
高度な開発ができるし、プログラムの分からない人でもプログラミングなしにpepperの
動きを細かく設定できるSDKが用意されていました。

<< 設定に応じて応対するpepper >>
  

とはいえ、
「どのような場面で、pepperに何をさせるのか?」
というシナリオや、

そして、何をさせるかが決まったら、
「その時の人とのコミュニケ―ションが不自然にならないためには、どのくらい
きめ細かな条件設定が必要になるのか?」など、

まだまだ、人がpepperと接した時の感じ方は、提供側(pepper側)の想像力と
創造力にかかっているという感じです。

イベントでSDKをもらったので、とりあえず今後いろいろと試してみたいと思って
います。

私としては、
スマホやタブレットなどのモバイル活用、
メガネや腕時計式などウエアラブル端末の活用、
そして、ロボットの活用、
すべて、人との接点(ユーザインタフェース)で活用できる技術の領域と捉えていて、
業務改善や顧客体験の創造には、とても重要な領域だと考えています。
単に「鉄腕アトム」が好きだったということだけではありません。
(ここでやっと仕事と趣味の世界の融合が成立か?)

イベント当日、pepperの先行予約がありましたので、ついつい予約してしまいました。
もしpepperが私のところへやって来ましたら、またご報告しますね。

△ページTOPへ

今すぐお問い合わせ PAGETOP