開発不要のWebデータベース(ASP・SaaS)を活用した業務システム構築

  • HOME
  • 会社概要
  • お問い合わせ
クラウド型WEBデータベース

メルマガ 2016年1月号


【もっと身近に】IT活用メルマガ_2016年1月号

※本メールは、お取引をいただいているお客様や弊社の社員と名刺交換を
させていただきましたお客様、メール情報をいただいたお客様にお送りして
おります。
今後ご案内を希望されないお客様は、大変お手数ですが、本メールの末尾
にあります「配信の停止について」をご参照ください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2016年は記録的な暖かさでスタートしました。
スキー場などでは雪不足の為キャンセルが相次ぎ、悲鳴を上げているようです。
また、農家では野菜の生育が良すぎて価格が下落、廃棄するなどの事態が
発生しています。消費者にとっては嬉しい限りですが、生産者にとっては
死活問題です。
北国では雪掻きがない分、過ごしやすい冬となっておりますが、、、
さて、どちらの立場に立てば良いのか。。。
やはり、例年通りが良いようです(~_~;)

株式市場では大発会が大幅下落で始まり、波乱の幕開けとなりました。
中東問題や中国の景気減速など不安要素が多い中、注意深く見守る必要が
ありそうです。

さて、今年も、皆様に「ITをもっと身近に感じてもらう」をテーマに
お届けいたします。
皆様にとって、より良い一年になりますように。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

<目次>
1.気になる「顧客接点 〜多様な取組み〜」
2.改善請負人がゆく「個別処理から集中処理へ」
3.海外トピック「Varia Vision」
4.今回のお勧めサービス

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.気になる「 顧客接点 〜多様な取組み〜 」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
買うことを決めた商品を安く買いたいなら、ネットで検索して、ネット通販で
購入するという消費行動が当たり前になってきました。

そうした中、実店舗を持っている会社は、ネットと併用してもらうことで消費者
との多様な接点が持てるように動いています。

消費者の行動様式は多様化し、自由に購入手段を選べます。
企業側は、まずは消費者との接点をいかに多く持てるか、これが売上を伸ばす
鍵となっているのです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

大手流通各社は、Amazonや楽天などの通信販売事業者に対抗する取り組みとして
「オムニチャネル」と呼ばれる販売方法に注力しています。

   *オムニチャネルとは・・・
     消費者がインターネットや実店舗など商品をどこで買うか、
     商品をどこで受け取るかを自由に組み合わせて選ぶことが
     出来る販売手法

その背景には、近年、消費者の
「ショールーミング」・・・店舗で実際の商品を確認し、ネット通販で価格の
             安い商品を購入する買い方
という消費行動が大きく影響しており、店舗側は高い危機感を抱いていることが
挙げられます。

そうした中、例えば、
 そごう・西武・・・百貨店で扱っている商品をネットで注文し、最寄の
          セブンイレブンで受け取る事が出来る
              ↓(利点)
          送料は無料
          セブンイレブンで返品・返金の受け取り可能

              
 アメリカのメーシーズ百貨店
          取り扱い商品の在庫管理を徹底することで
              ↓ (端末により情報を収集)

          他店舗や倉庫の在庫を確認して、
          その場で決済し自宅に直送してもらえる

このように可能な限り顧客の利便性を高め、実店舗という物理的制約を超えて
いこうとする取り組みをしています。

また、目新しい新たな取り組みばかりでなく、これまで行ってきた活動に
ついても顧客接点を意識して改善していくという取り組みも大事です。

 例えば
  日比谷花壇・・・メルマガによる販促活動

    会員向けに「ECサイト」と「店舗情報」の二つのメルマガを発行
                      ↓
      エリアごとにクーポンを変える等、地域に適した情報を配信して
   来店率を上げる

顧客のライフサイクルやライフステージを把握し、それぞれの顧客接点を
ユーザー目線で一つ一つ見直していくことで、適切なタイミングで適切な情報
を提供して顧客ニーズに応え、“ファン”や“お得意様”になって頂く取り組み
はとても大事ですね。

それでは、自社で取り組むとしたら、どのような流れになるでしょうか。

顧客は
  ・どんなプロフィール?
  ・どんな家族構成?
  ・平日はどんな行動をし、週末はどんな行動をするのか?
  ・それぞれの場所、タイミングでどのような情報を取得しようとするのか?

などなど顧客に関する様々な情報を基に架空の顧客(ユーザ)を設定する。

↓

来店、電話、FAX、メール、チャット
パソコン、スマホ
ネットショップ、カタログ、実店舗
問合せ受付、購入、決済、保管、配送、受取り、苦情受付

など、いろいろな角度から顧客との接点を見つけたり、
新たな接点を作り出したり。

↓

そして、それぞれの接点でどのような顧客体験をしてもらうのか考える。

こんな流れになると思いますが、実際に実行しようとすると、
  
  ・顧客の全体像を理解する為の「情報・データ」
  ・それを分析し最適なチャネルで顧客にアプローチする為の「情報システム」
  ・それらを活用していく為の「推進体制」

といった整備も必要になってくるでしょう。

顧客接点を持ち、販路を広げるためにはあらゆる情報、特に店舗とネットの情報を
統合することです。商品情報、在庫情報、顧客情報、接客履歴、、、、、、
すべての情報を一元管理することです。

また、来店、電話、FAX、メール、チャットといったそれぞれの手段から得られる
情報も統合していくことです。

顧客との接点を増やし、それぞれの接点で起こったことをすべて把握していくこと
で、顧客が望んだその瞬間、“いつでも”“どこでも””簡単に”買物できる
環境を整える事が必要なわけです。

そう考えると、これまでの店舗ごとの売り上げ競争やネットと店舗との利害対立
の構造からいち早く脱却し、全社の売上拡大へと発想の転換をしていく必要も
ありそうです。

自社で保有している情報が、まだ、チャネルや物理的場所、組織体ごとに分散、
分断してまっていて、統合整理が出来ていないという方は、今後の飛躍のため
にも、まずは情報の整理から取り組まれることをオススメします。


*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・

弊社は ITを時間と費用のかからない手法で導入することにチャレンジし、
お客様の社内で業務改善が連鎖していく仕組みづくりをお手伝いします。

■随時、無料相談をお受けしております。弊社の業務改善コンサルタントが
 お伺いして、ご相談をお受けしますので、下記お問い合わせフォームより
 お気軽にご連絡ください。

  ↓  ↓  ↓  ↓

 https://www.intermesse.co.jp/contact/contact.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.改善請負人がゆく「個別処理から集中処理へ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

通信販売を行っている企業にとっての悩みの種は“いかに未入金を防ぐか”
でしょう。

対面での販売でないことから、お互いの顔が見えないから気軽に買いやすい
という利点がある代わりに

 ・何となく購入してしまった
 ・よくよく考えてみたらそんなに欲しい商品でもなかった

など、通信販売ならではの落とし穴もありますね。

魅力的なネット通販であれば、リピート顧客や複数購入する顧客も多く、
顧客からの入金管理は非常に重要な業務です。

*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・

お客様:「我が社はインターネットの普及に伴って、通信販売事業が年々、成長
     を遂げてきました。初期の頃から現在に至るまで、新しいショップを
     立ち上げるたびに、それぞれのショップの注文管理システムを使って
     きたので、さすがにその弊害が出てきています。」
    
改善請負人:「それは、どのような弊害ですか?少しお聞かせ頂けませんか?」
       
       
お客様:「私は経理を担当しているんですけど、複数のシステムで注文を管理
     していて、そのため経理システムへは、各システムの合計金額しか
     取り込むことが出来ないようになっているんです。
     その為、 現状は何とか顧客ごとに入金管理をしています。
     でもこれだと、入金不足があった場合に、どの注文に対して入金が
     されていないのか判断ができず、再度請求しようと思っても細かく
     調べていかないと、すぐには請求できないんですよ。」

改善請負人:「なるほど。リピート客も多いでしょうし、複数購入される場合も
       あるでしょうから、注文ごとの明細をすぐに確認できるように
       したいですね。」

お客様:「そうなんです。一注文に対して分割で入金があった場合も、どの商品
     の入金なのか検索するのが大変で、追い切れないこともあったりしま
     して、、」
     
改善請負人:「それでは、各ショップからの注文を一元管理できるようにし、
       入金管理も顧客ごとの入金管理ではなく、注文ごとにも入金を
       管理できるようにしましょう。」
       
     

   ↓  ↓  ↓


【改善の事例】
    
   ≪注文管理≫ 
    各ショップの注文をまとめるため、一つのインターフェースで処理

      ↓  ↓  ↓

    ・一元管理できるため、各ショップの管理画面で処理する必要がなく
     なった

    ・一連の業務フロー見直し⇒発注管理や在庫管理にも連動出来るため、
     さらなる業務の効率化へつなげることができた

      ↓  ↓  ↓

    ≪入金管理≫
     ・入金管理も注文ごとに管理できるようになった
     ・購入明細をいつでも簡単に確認できるようになった
     ・入金確認もスムーズ⇒どの商品が未入金か容易に把握できるので
               請求がしやすくなった 
     ・注文ごとの入金管理が出来、複数回の入金に対しても管理できる
      ようになったので、未入金の注文が一目でわかるようになり、
      顧客への確認作業や請求処理が簡単になった


   ↓  ↓  ↓


お客様:「今使っている注文管理システムのサービス期限が迫っていたので、
     ちょうどシステムを見直すタイミングでした。
     以前から抱えていた未入金管理の課題も解決できましたし、
     各ショップの注文を一元管理できるようになった事で正確な発注
     や在庫管理、配送なども行えるようになりました。
     想像以上に大きな業務の効率化にも繋がり、皆喜んでいます。」


改善請負人:「複数のショップを運営されている場合、否応なくそれぞれ異なる
       システムを使っているという話はよく聞きます。
       そのような場合、業務の効率化やミスを防ぐなどの対策として
       一番効果的なのがシステムの一元管理となります。
       作業工数も減ってコスト削減にも繋がりますね!」


■最後に・・・今月の改善請負人からの解決ワードは、、、


改善請負人いわく:
   「一元管理システムによる集中処理が近道!」


*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・

随時、無料相談をお受けします。弊社の業務改善コンサルタントがお伺いして
アドバイスをさせて頂きますので、下記までお気軽にご連絡ください。

  ↓  ↓  ↓  ↓

 https://www.intermesse.co.jp/contact/contact.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.海外トピック「Varia Vision」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「Varia Vision」

アメリカ・カンザス州オレイサにあるGPS機器メーカーGarminが、サイクリスト
(自転車乗り)向けに既存のサングラスに取り付けて後方から接近する自動車の
情報・走行速度・スマートフォンの着信やSMSなどの通知を表示できるディス
プレイ「Varia Vision」を、発表しました。

レンズに投影するARディスプレイではなく、のぞき込むように見るインサイト
ディスプレイになっているとのこと。
サングラスなど既存のアイウェアに取り付けることで、自分の前方にサイクル
コンピューター(自転車に取り付けて、速度、走行距離などを計る機械)からの
速度、走行データ、スマホからの着信、ナビゲーションといった情報を映し出す
ことができます。

移動しながら経路を表示して「ナビゲーション」としても使えるようで、
走行速度をメーターなどで表示する「グラフィックデータ」や後方から自動車
などが接近すると、ディスプレイの右端に接近を知らせるゲージが出現。
結構、サイクリストが急増している近年では交通量の多い道などは、とても怖い
ですものね。

防水仕様となっているので、雨天でも操作・利用できて、さらに手袋を付けたまま
でも操作できるようです。
日曜に近所をサイクリング!といった用途では、かなりオーバースペックですが、
毎日、自転車で通勤している方や、休日に遠出を楽しんでいるようなサイクリスト
にとっては、走行の楽しさ、利便性、そして安全とを両立できるのは嬉しいです
よね。

普段使ってるお気に入りのアイウェアに装着できるのもいいです!

視界上に情報を表示するデバイスといえば、Googleグラスを思い出す人も多い
でしょう。
プライバシー問題を解決できずに2015年1月19日に個人向け販売が中止になり
ましたが、この「Varia Vision」は世に広まっていくのでしょうか。

あっと驚くアイデアや用途で、身に付ける「ウエアラブル端末」が
今後、どのぐらいの市場を生み出していくのか楽しみでもありますね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.今回のお勧めサービス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  【アルファメール】

  4つの料金プランから自分にあったサービスを選択できます。
  面倒な手続きが不要で、お客様に安心してお使い頂ける
  充実した内容となっています。

    ↓

  ・「独自ドメイン」「Web」「メール」「サポート」
   「セキュリティ」の5サービスがすべてセット
  ・メール・ドメイン名、面倒な取得から管理までを代行 
  ・ドメインの管理・更新に追加費用は一切なし
  ・国内最大級のソリューションプロバイダ
  ・サーバーの稼働率は99.9%以上安定した稼働でお客様の
   データを守ります
  ・土日祝も電話で対応の安心のサポート体制

  ↓  ↓  ↓  ↓

  http://www.38shop.jp/bp/d.asp?c_cd=2446


*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・*--・

弊社は、ビジネスコンシェルジュをサービスコンセプトに
ITを活用した業務改善をご支援しております。

■弊社代表が語る「ビジネスコンシェルジュとは....」
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
  http://mbp-kanagawa.com/intermesse/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■ご相談、お問い合わせについては
    下記までお気軽にどうぞ!
  ↓  ↓  ↓  ↓  
  sales@intermesse.o.jp
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ■配信の停止について
    本メールマガジンの購読停止をご希望の方は、
    お手数ですが、件名に「配信不要」とお書き
     頂き、本メールをそのままご返信ください。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
***************************************************************************
企画/発行 株式会社インターメッセ
〒224-0032
神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央24-4
第6セキビル7F
TEL : 045-949-5699
URL : http://www.intermesse.co.jp/
***************************************************************************

△ページTOPへ

今すぐお問い合わせ PAGETOP