働くDBとは | クラウドWebデータベース設定・構築サービス

  • HOME
  • 会社概要
  • お問い合わせ
クラウド型WEBデータベース

働くDBの位置づけ

働くDBは、販売管理や案件管理、工程管理などデータベースを使った様々な業務システムをプログラムを書くことなく構築することができるクラウドサービスで、パッケージシステムと自社専用のオーダーメイドシステムの中間に位置するものです。

自社専用のオーダーメイドシステムは、高い開発コストと長い構築期間が必要となりますが、働くDBなら自社に合わせた業務システムを簡単・短期間・低価格で導入できます。業務ごとにあらかじめ標準機能を持っているパッケージとも異なり、自社の業務に合わせて自由にカスタマイズ(プログラミングではなく管理システムからの設定作業)することができ、各種画面のレイアウトや権限設定なども貴社内で設定できるので、導入後の機能変更など保守作業の効率化も図れます。

働くDBは

働くDBのポイント

システム導入、追加構築の簡易さ

自社でサーバを構築する場合、利用するために必要ネットワークは別構築となりますが、クラウド型の働くDBなら、サーバの導入作業やセットアップ作業を大幅に簡素化できます。 また、一度構築してしまうと難しいシステムの変更も、働くDBなら現状の環境に合わせた柔軟な対応が可能です。

アクセスフリー

クラウドタイプのWebデータベースなので、インターネットにつながる環境さえあれば、外出先や出張先からなど、どこからでもアクセスできます。

情報の一元管理

データは全てクラウド上に保存するため、グループや協力会社など別拠点間の情報共有が出来ます。

また、複数人が同時に操作することができ、常に最新の情報を表示することが可能です。

セキュリティ

働くDBは開発元であるラクス社が、セキュリティーの設定・アップデートを実施していますので、安心・安全なサービスを提供いたします。

更に、ある拠点の特定の端末からのみ操作出来る様になど、IPアクセス制限・クライアント認証機能もかけられます。

働くDBは
今すぐお問い合わせ PAGETOP